«

»

Jun 20 2012

Beitrag drucken

バスの乗り方について

ドイツと日本では、バスの乗り方が異なっている。ルールでも乗客の動作でも違いがある。

まず、どのようにバス停で待つかという点で異なる。日本で、みんなは先着順に行列を作っている。その列を監理する人がいなくても、乗客が自分で作っている。それに対して、ドイツで、バスを待っている人は全く列を作らなく、紊乱である。このように、日本の待ち方の方がいいと思う。誰もは列の中の自分の順番を知っているから、問題がない。

次に、バスが着いた後でどのようにバスに乗るかという点で異なる。日本人は並んでいるから順々にバスに乗る。その方法は簡単だし、公平だ。さらに、順番が不明だったら、みんなは他の人に道を譲る。それに対して、ドイツは列がないので、バスが着いたらみんなが一度に乗りしようとする。このように、日本の乗り方の方がいいと思う。バスが着いた後で長い時間待った人は早く乗れ、乗る順序は明らかだ。また、ドイツみたいな喧嘩がない。しかし、時々その譲い合いが長引くことがある。例えば、何回も「どうぞ」「いいえ、どうぞ」と言い合って、誰も乗れなかったという事態がある。

最後に、どのようにバスを降りるかという点で異なる。日本のバスを降りたい乗客はボタンを押して、バスが止まったら立って、出口へ行く。その時バスの運転手が待っている。その上、長い時間かかっても降りたい人がみんな降りたまで待っている。それに対して、ドイツのバスドライバーはいつも急いでいる。だから、ドイツでボタンを押したらすぐ立って、ドアへ行くが大切だ。おそらく、そいうことをしない人はバスを降りられない。このように、日本の降り方の方がいいと思う。少し時間かかっても、ドイツみたいなストレスがないし、止まっていないバスの中で歩くのは危ない。

このように、日本とドイツでは、バスの乗り方の違いがある。やはり、日本でみんなは失礼のないように気を使うから、日本でバスに乗るをリラックスすることをする。

Permanentlink zu diesem Beitrag: https://blog.nihonnikonni.com/2012/06/20/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

4 Kommentare

Zum Kommentar-Formular springen

  1. Basti

    Und mit Google Translate kann man das auch auf Englisch lesen. Macht sogar halbwegs Sinn. Nur zwei Sätze nicht so wirklich: „Kann aber gut passen, dass manchmal Yuzuru verlängert“ und „Vielleicht, um nicht zu sagen, dass die sowjetischen Menschen können nicht aus dem Bus.“ Hmm. Yuzuru und Soviets…

  2. Konni

    Ja, da hat Google Translate (auch bekannt als „Text-Metzger“) unrecht. Soweit ich weiß dürfen sowohl in Deutschland als auch in Japan Soviets aus Bussen aussteigen…

  3. Miyuki

    Hallo Konni,

    Ich bin Miyuki. Ich wohne in Japan, und ich studiere Deutsch. Ich habe Ihren Artikel mit einem Interesse gelesen. Ich habe diese Unterschiede nicht gekonnt!

    今のままで十分意味は伝わるのですが、
    次のように直すと、自然な日本語になりますよ☆

    ———————————————————————————————————–

    ドイツと日本ではバスの乗り方が異なる。
    バスの乗車システムにも乗客の行動にも違いがある。

    まず、バス停でのバスの待ち方の違いについて。
    日本では、みんなは来た人から順番に列を作る。その列を監理する人がいなくても、乗客が自分で作っている。
    一方、ドイツでは、バスを待っている人は全く列を作ず、バラバラである。
    こうして比べてみると、日本の待ち方の方がいいと思う。
    みんな自分が列の何番目なのか分かっているので、。

    次に、バスへの乗り方の違いについて。
    日本人は並んだ順にバスに乗る。
    その方法は簡単で公平だ。
    さらに、バス停に並んでいた順番がはっきりしない場合、みんな順番を譲り合いながらバスに乗る。
    一方、ドイツ人は並んで待つことをしないので、バスが着たら、みんな我先にとバスへ乗り込もうとする。
    こうして比べてみると、日本の乗り方の方がいいと思う。
    バスの到着後、早くから待っていた人は、その分早くバスに乗ることができる。
    バスに乗るべき順序もはっきりしている。ドイツみたいな喧嘩も起こらない。
    しかし、時々その譲い合いが長引くことがある。
    例えば、何回も「どうぞ」「いいえ、どうぞ」と譲り合って、みんなバスに乗り損ねるということがある。

    最後に、バスからの降り方の違いについて。
    日本では、バスを降りたい乗客はボタンを押して、バスが止まったら立って、出口へ行く。
    その間、バスの運転手は待っていてくれる。
    どんなに長い時間がかかっても、降りたい人がみんな降りるまで待っているのだ。
    一方、ドイツでは、バスの運転手は待つことをしない。
    ボタンを押したら、バスがバス停に着く前に、降車ドアの前へ行って待たねばならない。
    そうしないと、バスから降りられないだろう。こうして比べてみると、日本の降り方の方がいいと思う。
    少し時間かかっても、ドイツみたいなストレスがないし、動いているバスの中を歩くのは危ないからだ。

    このように、日本とドイツでは、バスの乗り方に違いがあるが、
    日本では、みんなお互いを気遣い合うので、リラックスしてバスに乗ることができる。

    1. Konni

      Vielen Dank für deinen netten Kommentar und für die Korrektur meines Artikels. Ich hoffe, ich habe etwas dadurch gelernt…!

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.